【持て余す?】ファミリー用のキャンプギアでソロキャンプに復帰してみてわかったこと

LANTERN- ランタン -|キャンプって楽しい!を伝えるキャンプ情報メディア

子どもが産まれたのをきっかけに、ファミリーキャンプ(以下ファミキャンと略)を始めたご家族も多いのではないでしょうか。

ところが、子どもが成長し、家族で遊ぶよりも友達と遊ぶ方が楽しい年齢になると、なかなか家族とのキャンプに付き合ってくれなくなるものですよね。

これを機に、独身時代にやっていたソロキャンプ(以下ソロキャンと略)に復帰したいけど、昔使っていたソロキャン用ギアは既に処分してしまったし、ファミキャン用のツールでソロキャンに行くのも荷物がかさ張り億劫……と思う人も多いでしょう。

また、ファミリーキャンパーの友人たちに話を聞いてみると、ソロキャン未体験で、この機会に始めてみたい、という声も。

そこで、最近ファミリー用のキャンプギアでソロキャンをしている筆者が、その良い点悪い点をレポートします。

併せてソロキャン用のキャンプギアを揃える際に、役立つ情報もご紹介します。

↓ こちらもオススメ ↓


【XGIMI Halo+レビュー】キャンプで検証してみた!“圧倒的な明るさの、持って歩ける映画館”の実力は?

ソロキャンはソロ用キャンプギアじゃないとできない?


ソロキャンとファミキャンの大きな違いは、人数による装備の大きさと数ですね。

家族3〜4人で使う大きなテントや、人数分の寝袋、マット、焚き火台、テーブル、椅子など、荷物が大きく変わってきます。

しかしキャンプの原点を、自然の中で一泊して焚き火をする事だとしてしまえば、寝袋と焚き火台だけあれば、何とかなるものです。特に普段ファミキャンをしている人は、寝袋をすでに持っているので敷居は下がりますね。

ファミキャン用の大きな焚き火台は嵩張りますが、とりあえずはこれで。

テント無しは流石にワイルド過ぎるので、とりあえずファミキャン用のテントをそのまま使ってみましょう。

ちなみにDDタープなどの、様々な張り方のできるタープを活用してのタープ泊と言う手もありますが、湿度が高く、雨も多い日本では快適度が下がりますし、上級者向けの為、最初はおすすめしません。

調理にこだわりたい人であれば、充実したキッチンツールを持っていくのも良いでしょう。ただし、ソロキャンでは1人で全ての設営と片付けをするので、最初は必要最低限の装備で行く事をおすすめします。

筆者のファミキャンツールでのソロキャン


寂しいことに我が家も息子が小学校の高学年になり、キャンプに付き合ってくれなくなりました。

そこで、趣味であるMTB(マウンテンバイク)やカヤックなどを、一泊二日のソロキャンで楽しむ機会が増えました。

筆者の場合、MTBやカヤックがメインなので、ソロキャンでは焚き火をしながら軽食を作り、お酒を飲めれば大満足です。

実際の筆者のソロキャンを、紹介していきましょう。

テントは?

スノーピークのアメニティドームM(5人用)を使用しています。
“スノピのテントと言えばアメド”と言われるくらい、定番のテントです。サイズは他にS(3人用)、L(6人用)もありますが、我が家はMを選びました。もし家族が増えても、荷物を車に入れればMでも充分だろうと言う考えでした。

1人でも10分程で設営できました。インナーテントのサイズは、265cm四方。ソロだとさすがに広いですね。

スノーピークアメニティードーム
跳ね上げ式の前室があるので、タープいらずでキャンプを楽しむ事もできます。

前室には大切なMTBも収納できるので、ソロでの就寝時も盗難のリスクは下がると思います。もちろん、施錠などの基本的な対策は行ってくださいね。

アメニティードームと言えば高品質。風でも雨でも問題なく使える安心感があります。

収納サイズは74×22×25cmで、ファミリー用のテントとしては小ぶりなサイズ。ただし、重量は8kgとやや重め。この重さでは、車移動一択になります。

ここまでを見ると、間違いなくソロキャンでも使用できます。

ただ、1番の問題点は、撤収時と帰宅後のお手入れです。

設営は1人でサクサクとできますが、撤収は大きなレインフライを1人で畳む事になり、とても面倒です。

また、筆者は必ず帰宅後にテントを洗い、数回に一度はニクワックスで撥水加工をするのですが、手間が掛かります。

スポンサーリンク


まあ、これはファミキャン後のテントケアも同じなのですが……。

「ソロ用の小さなテントなら、この苦労も半減するなあ」なんて思いながら撤収やメンテナンスをしています。

焚き火台は?


キャプテンスタッグ ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)を使用。リーズナブルな価格の2〜3人用焚き火台です。

もう二回りほど大きなサイズもありますが、収納サイズの関係でこちらにしました。

焼き網が付属しており、BBQもできます。ソロで使うにはやや大きいですが、持て余す程ではありません。

しっかりしたステンレス製でありながら、薄型に収納できるのですが、重量は1.8kgと少し重いのがネックになっています。

テーブルは?


キャプテンスタッグ トレッカー ジュラルミンロールテーブルです。

もともとファミキャン時の、サブ用のテーブルとして購入しました。

収納サイズが135×60×440mmとすっきり。重さは900gと軽量なので、ソロキャンではメインテーブルとして使いやすいです。

ソロキャンの楽しさ


自然の中で焚き火と向かい合う1人の時間は、何とも言えない雰囲気があり癖になりますね。

ファミキャンで焚き火を囲んでおしゃべりや食事を楽しむのもいいですが、ソロキャンの時こそ、焚き火が欠かせないのではないでしょうか?

初心者の方におすすめなのは、1人で焚き火を楽しみながら、アルコールストーブやメスティンなどのソロ用の調理器具で、簡単なおつまみを作ってお酒を楽しむこと。お酒好きならぜひ試してみてください。

就寝時も1人で寝袋に潜り、テントの外の音を聞きながら物思いにふけるのも貴重な時間。風による木々のざわめきや、虫や動物の鳴き声に耳を澄ませて自然を感じるのもいいですよね。

ソロでは持て余し感もあるファミキャン用のギアですが、少しの煩わしさよりも、キャンプをする楽しさが上回るのは間違いありません。

ただ、使い勝手のいい軽量化されたソロ用キャンプギアに改めて興味が湧いたのも事実。

例えば、最近は100円ショップのキャンプギアも充実しています。筆者も使用レビューを書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプだと移動手段も選択肢が広がる

キャンプ仲間とソロキャンの話題になる時、移動手段をどうするか、と言う悩みをよく聞きます。

1人1台車があるような環境と違い、都心部では車があっても一家に1台というご家庭が多いですよね。もしお父さんがソロキャンに車を使ってしまったら、家族は二日間も車を使えないと言うことになります。「子どもの習い事の送り迎えや、買物などはどうするの?」と言う家族の声が聞こえてきそうです。

ファミキャンであれば何の問題もなく車で移動できるのですが、家族を残してのソロキャンとなると、他の移動手段が必要になることも。

しかし考え方を変えれば、1人なので電車、バス、自転車を活用するなど、選択肢が広がります。時刻表を眺めながら、乗り継ぎを考えるなんて、学生時代の甘酸っぱい青春の香りを思い出しませんか?

ソロキャンツールの選び方

移動手段が電車やバス、自転車(輪行)になると、キャンプギアはコンパクトかつ軽量である必要が出てきます。キャンプギアの進化は凄まじく、軽量でコンパクトなギアは各社から発売されています。

しかし、山岳用のものが多く機能性が高いというメリットがあるものの、比較的高価格なものが多いです。

家族を残して1人でキャンプに行くので、お小遣いの範囲内だけで楽しみたい、と言うお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

「お小遣いの範囲で」「軽量かつコンパクト」なキャンプギアを探すのは、ハードルが高いもの。例えば、Amazonなど、大手通販サイトで軽量かつコンパクトを謳うソロテントを多数見かけますが……ちょっと待った!

よく調べていくと、耐水圧の表記が曖昧であったり、メーカーサイトには「レジャー用なので悪天候時には使用しないでください」などと書かれているテントもあります。

軽くてコンパクト、かつコスパが良くて使えるキャンプギアを見つけるには、見極める目が必要です。スペックなどを複数の視点で見て、よく検討するのもまた楽しいですよ。

筆者も次回のソロキャンプに向けてウルトラライトなソロテントを物色中!機会がありましたらまたご紹介したいと思います。

Source: LANTERN- ランタン -|キャンプって楽しい!を伝えるキャンプ情報メディア

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました