遂に復活!村民の森あいの沢

なんだか懐かしい気がするんだよなぁ

松に囲まれた閑静なサイトと言えば

猫キャンプを始めて以来

行けなくなってしまった福島県が誇る高規格

数々の名門キャンプ場のお手本となった

フォレストパークあだたらの風情

あぁそうだ…確かにほんの少し

あだたらの林間の風情があるかも知れない。

今回舞台は3.11震災以来11年の休眠を経て

待望の再オープンとなった

福島県は飯舘村 

村民の森あいの沢キャンプ場

管理人のTさんからは熱心に

このキャンプ場がどうあったら

良いキャンプ場になるか?

サイト料金をはじめ、外灯の有無だとか

ペットはどうしたら良いか?とか

きっと来場者皆さんに訊いて回って

再出発のキャンプ場をより良いものにしようと

している…この熱い思いはヒシヒシと伝わった。

管理人となり18年というHさん

私達の意見などなくとも知識レベルは最上級

そんな管理人さんが来場者の声に必死に

耳を傾けるひたむきさが好感の塊だった。

あぁこのキャンプは絶対に最高のキャンプになる

そんな気持ちでこの日集った仲間達と乾杯

初張りのポーランド幕に苦戦したため

気付けば日が傾き始めていた。

集まった仲間は今回で確か3回目の合流となる

ソロキャンパー三人

広義の意味で本町バルDELISHLABO常連さん

先ずは先輩ことopoさん

そのopoさんから譲り受けたヘルスポートのHさん

同じくopoさんから譲り受けたステイシーMちゃん

つまりこの御二方はopoさんを師と崇める皆さん

そしてキャンプ歴40年の大先輩より

永久貸与されたポルナムガリバルディエゴの我が家

示し合わせたわけではないが…

昨年の前回のキャンプとは全キャンパー違う幕を携え

このキャンプにのぞむ。

サイトは特徴的でテン場が芝でそれを囲むように

ウッドチップが敷き詰められているというもの。

肝心の芝はまだ植えられて間もなく

まだ根付いていないのが少し可哀想な印象だった。

林間の佇まいはうっとりレベルで

新緑の広葉樹の森が松林とテントサイトを

浮かび上がらせていた。

冒頭の感想とは裏腹にどこのキャンプ場にもない

雰囲気と人の手で整備された美しさを感じたものだ。

乾杯から久々の仲間達とのキャンプに

浮き足立つ思いの私はテンションが相当に高かった。

ワイルドさがたまらないキャンプ場もあるけれど

作られたキャンプ場にも趣きが感じられるなら

そこは最高の落ち着く場所

風もないのに陣幕を設営したのは

トータルコーディネートというより

大先輩へのリスペクトから。

設営を終えた頃、村役場の方がきて

写真を撮ってくれた。

広報でも何でも自由に使ってくれたら嬉しい。

スポンサーリンク


早速と言っても夕刻直前だが

いつものように妻が腕を振るう。

今宵のキャンプ飯は餃子の皮で作る

簡単ミニタコス
(具材は妻オリジナルの中華風です)

丸いまんま焼いた餃子の皮に焼き目が付いたら

スキレットで別途炒めた挽肉と野菜を載せて

包んで食べる王道なキャンプ飯

熱い熱い言いながらトルティーヤに見立てた

パリパリに焼けた餃子を

食べやすく湾曲させるのがコツ

小さいから何個でもいけて

その度に笑顔になる

こういうのがグルキャンでは楽しいんだよね

キャンプでと言うか普段の生活を振り返っても

随分と笑ったキャンプ

一年振りのこのメンバーと時を忘れる

充実の夜が本当に楽しい

主に話題に出たのはコロナ禍以降

一気に増えたYoutuberの話

中でも福島県内のご当地系のコンテンツは

意外に皆さん観ているようで

それ知ってる観てる

そんな話でもちきりだった。

偶然にもopoさんも私達も観ていたチャンネルが

『なまりびと』さんのキャンプ場紹介チャンネル

コンテンツに漂うど素人感であったり

柔らかい語りの福島訛りそして…

意外にもGoogle MAPでしか見つけられない

レア過ぎるマイナーキャンプ場中心のコンテンツに

当時の自分達を投影、共感できる部分が

ホッコリするチャンネルとでも言おうか…
(昔はGoogle MAPだけで探したものです)

ある意味、応援したくなるチャンネルでもあるのだが

キーワードは『ありのまま』

そんな印象に好感を持っている。

これがもしヒルバーグのテントを携えて

好天のふもとっぱらでドウダ!

なんてチャンネルだったら

逆立ちしたって観ることはないんだけどね笑

なまりびとさんの真似をして笑いを取りつつ

楽しい時間もまもなく閉幕

これほど後ろ髪引かれるテントインは

もしかするとかつてなかったかも知れない

そんな宴の余韻に浸る夜

こんな夜があるから明日も前を向ける。

それがキャンプ

notes
村民の森あいの沢キャンプ場
住所 福島県相馬郡飯舘村深谷市沢116
電話 0244420511
Google掲載の番号は役場の番号で
上記がキャンプ場直通の番号です

電源アリ
原則としてゴミ持ち帰り
シャワーアリ
近隣の温泉施設は現在地震の影響で閉鎖中
今期一杯プレオープンとして無料開放中

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
皆様励ましに心から感謝しております!
Source: 今日もどこかで野遊びを…

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました