キャンプ服にサンダルってどう合わせるのが正解なの…? 組み合わせ事例5パターン

CAMP HACK[キャンプハック]

サンダルコーデ

サンダルは快適だけど、着こなすのが難しい……

モンベル ソックオン サンダル img_9940

撮影:編集部

夏のマストアイテムのサンダル。涼しくて快適な履き心地なのはもちろん、サッと脱ぎ履きできるのは、キャンプシーンでも嬉しいポイントです。

近年では、スポーツサンダルの流行もあり、ソックス(靴下)を履いて合わせるスタイルなど、スタイルの幅が広がってきています。

その一方で、「このサンダルにこれはアリなのか?」「他の服との合わせ方で悩んでいる」という方も多いかと思います。

いろんな組み合わせを一気に紹介!

サンダルコーデ

今回は、そんな悩みを解決するべく、筆者考案のサンダルとパンツ定番の組み合わせ術を、実際のコーデとともに紹介します。

アウトドアスタイルに合わせたいサンダルは、この2種類

組み合わせ術紹介の前に、サンダル選びについてのお話です。

そもそもサンダルと言っても、たくさん種類があります。なので今回は、サンダルの種類やデザイン、それぞれの特徴から、普段使いに大活躍しつつさらにキャンプシーンでも便利なサンダル2つをピックアップしてみました。

その1. コンフォートサンダル

出典:BIRKENSTOCK

コンフォートサンダルとは、その名のとおり“快適さ”を追求した履き心地重視のサンダルです。インソールは足裏のアーチをサポートする形状をしているので、長時間履いていても疲れにくいのが特徴

そんなコンフォートサンダルの代名詞とも言えるブランドが、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)です。

ビルケンシュトックはほとんどのモデルがコルクのソールを使っていて、履いていくうちに自分の足裏の形に馴染んでいきます。そして、インソールに貼り付けられたレザーは汗の吸収に優れていて、快適な履き心地を維持します。



今回、筆者が使用したサンダルはビルケンシュトックのチューリッヒというモデルです。

ビルケンシュトックでも人気のモデルの一つで、アッパーの形が特徴的。

ビルケンシュトック チューリッヒ


ビルケンシュトック チューリッヒ

その2. ビーチサンダル

出典:Amazon

サンダルといえば、トング(足の親指と人差し指で鼻緒を挟むつま先)が目印のビーチサンダル。

海やプールで使用するイメージが強く、ゴムやビニール素材で作られていることが多いですが、レザー素材を使っている種類もあり、素材によって雰囲気が大きく異なります。

履いたときに露出する部分が多いので、コーデには馴染みやすく、つかいやすい一方で、合わせ方やサンダル選びが重要になります。

アイランドスリッパ

出典:Amazon

筆者がおすすめするのは、レザーで作られたビーチサンダルです。ゴムやビニール素材と違い、上品さがあり、大人カジュアルな服装に相性抜群

スポンサーリンク


レザーのビーチサンダルの定番ブランドといえば、「アイランドスリッパ」と「レインボーサンダルズ」でしょう。

どちらも高いデザイン性、履き心地がよく、長持ちすることから、人気のブランドです。

どちらもアメリカ発のブランドですが、ハワイの「アイランドスリッパ」は少し上品な印象で、リゾート感があり、カルフォルニアの「レインボーサンダルズ」はよりカジュアルで、ラフに履ける印象があります。



筆者はカジュアルで、ラフにはける雰囲気が好みなので、「レインボーサンダルズ」を使用しています。

レインボーサンダルズ


レインボーサンダルズ

それでは、組み合わせ術とコーデ実例に参りましょう。

コンフォートサンダル×パンツ組み合わせ術

コンフォートサンダル|くるぶし丈×ソックス



コンフォートサンダルは、ソックスとの組み合わせが楽しめます。

そして白ソックスは汎用性抜群。パンツはくるぶし丈がソックスも見えていい塩梅になりますよ。

コンフォートサンダル|ショーツ×ソックス



次はパンツをショーツにして、夏のアウトドア感満載なスタイリングに。

近年流行な蛍光イエローのソックスは、スタイリングをポップに仕上げてくれるので、短パンでガッツリ見せるのがおすすめ。

ベージュのサンダルなら、蛍光イエローとも柔らかい印象で馴染みやすくて、案外合わせやすいですよ。

コンフォートサンダル|フルレングス×素足



コンフォートサンダルを素足で履くなら、足元にワンクッションするような丈感のパンツがおしゃれです。

リネンが入ったパンツや夏用ウールを使ったパンツを選べば、リラックスしたリゾート感あるスタイリングになります。

ひと昔前の懐かしさを感じるバランスが、改めてかっこよく見えます。

ビーチサンダル×パンツ組み合わせ術

ビーチサンダル|フルレングス×素足



ビーチサンダルを履くなら、フルレングスのパンツと合わせるのが一番。

例えばこのスタイリングのように、薄めのフルレングスデニムに淡いカラーのTシャツを合わすと、サーフなスタイリングに仕上がります。

海沿いのキャンプ場に行くのにピッタリな合わせ方です。

ビーチサンダル|ショーツ×素足



少し長い膝下のショーツと合わせれば、レザー素材のサンダルなら大人っぽい雰囲気に仕上がります。また、半袖Tシャツではなく長袖シャツを羽織ることもこのコーデのポイント。

短い膝上のショーツは、元気なアウトドア好きという雰囲気になりますが、今回筆者は“のんびりキャンプしている雰囲気”を目指したので、こちらのスタイリングにしてみました。

夏コーデはサンダルとパンツが決め手!

いかがでしたでしょうか? このようにサンダルを履くときに、少しパンツの形や丈感を意識するとグッとコーデにこなれ感が出て、雰囲気のあるコーデに仕上がります。

今回紹介したのは5パターンと少ないバリエーションですが、パンツや靴下の色や丈感、そしてサンダルの種類を変えれば無限に考えられるので、ぜひこの5パターンをベースにお手持ちのサンダルを当てはめて考えてみてください!

こちらの記事もおすすめ!

Source: CAMP HACK[キャンプハック]

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました