お金が無い人がまず揃えるべき登山初心者向けの装備とは?

キャンプ関連動画

こちらのブログもよろしくお願いします。

ライフハックと豆知識
http://lifehack.soccermaniaclub.com/

魚釣りブログ

  

音楽情報ブログ

 

スポンサーリンク
お金が無い人がまず揃えるべき登山初心者向けの装備とは?

今回は「登山初心者向けの装備」をご紹介していきます。
下記は今回の「登山初心者向けの装備」についてのポイントとなりますので、動画を見ながら参考にしていただけると嬉しいです。

山登りに興味があって、これから登山を始めてみようと
思っている方への、装備などのご紹介です。

注意ですが、これは、例えば山登りをしている友達に、いきなり槍ヶ岳に行こうと誘われたような場合にはあてはまりません。この場合、そのお友達に聞くのが良いかと思います。

私は、学生時代でお金も無かったので、とりあえず今あるもので行ってみる。
必要なものをその時に購入するという感じでした。
私の体験をもとに、どういう順番でそろっていったかをご紹介したいと思います。

注意ですが、山用に購入したものをご紹介していますので、たとえば、懐中電灯など、山用を買うまでは一般的なもので代用しています。

1:ガイドブック、地図
最初はまず、どこに登るかを決めなければなりません。
ネット検索もよいですが、私は昭文社の関東の山あるき100選(絶版)を順番に登っていました。
初心者向けや健脚者向けなどの表示もあり、便利です。

最近では、JTBパブリッシングの「決定版 関東の名山ベスト100」などがあります。

京都北山や、奥多摩など、コースがたくさんある山域では、地図をいきなり広げて、どこに行こうか決めるのもよいと思います。山と高原地図がおススメです。
通った登山道に印をつけながら登ると、地図がどんどん塗られて行って楽しいです。

スポンサーリンク


2:レインウェア(ズボン)
いくつか山に登っていると、とりあえず欲しいと思うものが出てきます。私の場合は、京都の北山を地図を見ながら歩いていたのですが、朝に朝露で濡れた草の間を歩くので、ズボンが濡れてしまって困りました。
ということで、とりあえずゴアテックスではない安いレインウェアのズボンだけを買った覚えがあります。

3:寝袋
いきなり寝袋ですが、海外旅行、特にバックパッカーで旅行を始めたので寝袋が必要になりました。
いろいろな機会で、山にも使える道具をそろえておくのもよいかと思います。
スリーシーズン用寝袋がオススメです。

4:ザック(リュックサック)
寝袋はあっても入れるものがないと困るのでリュックサックです。
映像のものは、習志野にあるヨシキスポーツのオリジナルのザックです。
かなり大きく、70L~90Lくらいあります。
もう作ってはいないようですが、まだ山でも海外でも現役で使っています。
同じようなものではアライテントのマカルーシリーズがあります。

5:レインウェア(上下、ゴアテックス)
いわゆる雨合羽で山に登っていましたが、さすがにちゃんとしたレインウェアが欲しくなってゴアテックスのものを購入しました。

その後10年以上たって、さすがにボロボロになったので現在はモンベルのものを使っています。

6:コッヘル(クッカー)
白馬岳に行ったとき、山小屋泊まりでしたが、食事代をケチって自炊するために購入しました。
ステンレスのコッヘルセットです。

7:登山靴
北アルプスに行くようになって購入しました。
それまでは登山靴ではない、そこの厚めの靴で山に行っていました。
現在使っているのはハンワグの登山靴です。好日山荘の店員さんに勧められて購入しました。

8:コンロ(バーナー、クッキングストーブ)
友人に借りたテントでニュージーランドでトレッキングしたときに購入しました。Koveaというメーカーの物を使っていました。
現在は、イワタニプリムスの製品を使っています。

9:テント
テントは北アルプスを縦走したときに購入しました。
アライテントのエアライズです。
山で何泊もすることを考えると、山小屋泊まりでは宿泊代が、テントを買うのと同じくらい必要になります。ということでテントを購入しました。

変則的なものもありますが、何年かかかって装備を揃えていきました。
少しでも参考になればうれしいです。

このほか、実際にはもっと細々したものや雪山用のものなどもありますが、それはまたの機会にご紹介できればと思います。

#装備#登山#道具

スポンサーリンク


キャンプ関連動画
AKTをフォローする
キャンプ、アウトドアブログ
タイトルとURLをコピーしました